越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 知っておこう!歯にまつわる知識まとめ

知っておこう!歯にまつわる知識まとめ

歯の健康は、歯医者さんだけでなく自分でも守るもの。歯医者さんに丸投げするのではなく、また歯医者さんから説明されたことしか知らない…という状態では、歯のケアを満足にこなすことはできません。

歯の基礎知識を知ることで、自然と自宅でのケアも変わってきます。歯科医院に通うきっかけとして一番多い虫歯のメカニズムや歯磨きの役割、正しい歯ブラシの選び方、そして普段の歯の使い方などは知っておくと良いでしょう。

虫歯の原因と予防法

「甘いものを食べすぎると虫歯になるよ」「きちんと歯磨きしないと虫歯になるよ」どちらも子供の頃、よく聞かれる言葉です。

  • 虫歯はどうしてできるのか?
  • 何が原因となっているのか?
  • 虫歯を予防するにはどうしたらいいのか?

虫歯が作られるメカニズムと、その予防法についてご紹介。メカニズムを知っておくと、どうしたら虫歯が予防できるのか、おのずとわかってきます。

虫歯を予防するには?>>

歯磨きの役割と基本成分

歯磨きをするのはどうしてなのか?歯磨き剤にはどんな成分が含まれているのか?当たり前のことですが、意外と詳しくは知らないもの。知っておきたい歯磨きの基本です。

歯磨きの役割とは?>>

歯周病予防のための歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方次第で、虫歯はもちろん歯周病予防にもなります。歯周病菌は、歯と歯茎の隙間にある歯周ポケットに溜まって増殖していくものですから、歯周ポケットに溜まった汚れをかきだすことができる歯ブラシを選びたいもの。そのために気を付けたい事とは?

正しい歯ブラシの選び方とは?>>

よく噛んで食べる事の意味

「よく噛んで食べなさい」とは、子供の頃、よく両親から言われる代表的な言葉です。とはいえ、なにかと忙しい現代社会ですから、迫る時間に追われていつしかよく噛まずに食べる早食いが身についてしまった…なんて人が少なくありません。

今一度、よく噛んで食べる事の大切さを振り返ってみましょう。歯にとって、大事な効果が隠れているのです。

よく噛むことの効果とは?>>

すぐにできる口臭予防

口臭はマスクをしている時や誰かと会話した時にふと気になりますよね。原因は様々ですが、すぐにできる予防方法でケアしていきましょう。

口臭予防に大切なこととは?>>

歯科矯正で歯並びを整える

歯並びを整える歯科矯正はさまざまな方法があります。歯科矯正の特徴や予算について知っておきましょう。

歯科矯正はどのような方法があるの?>>

電動歯ブラシと手動歯ブラシの比較

昔は高価だった電動歯ブラシも今は手に入りやすくなり、最近では音波歯ブラシといった機能面の強化もされています。電動歯ブラシのメリットやデメリットをチェックしてみましょう。

電動歯ブラシと手動歯ブラシはどちらがおすすめ?>>

歯周病を予防するブラッシング

虫歯は自覚症状がありますが、歯周病は気づかないうちに進行します。予防するために正しいブラッシングのやり方を身につけましょう。

自然には治らない!歯周病の予防と治療法とは?>>

見た目以外にも役立つ歯列矯正

歯並びを良くするために行なわれる歯列矯正。実は見た目を良くするだけでなく、健康維持や病気予防にも大きな影響を与えます。

歯列矯正を行うメリットとは?>>

噛み合わせ治療にも使われるインプラント

虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合、すぐに歯列矯正をしたい場合、噛み合わせが気になる場合に行われるインプラント治療。高額な治療と言われるインプラントのメリットやデメリット、治療費用の目安や仕組みについてチェックしましょう。

インプラントとは?治療方法と費用について>>

歯の見た目を整える審美歯科

審美歯科は、歯並びを整えたり歯の色を白くしたりする「見た目をキレイにすることを目的」とした治療ですが、もう一つ歯の健康を整えるという側面もあります。見た目と機能性の両方を向上させる治療です。受けられる施術には以下のようなものがあります。

  • ホワイトニング
  • クリーニング
  • 矯正
  • インプラント

詳しい比較方法や治療期間、費用の相場などを紹介しています。

審美歯科とは>>

歯を白くするホワイトニングとは

ホワイトニングは審美歯科治療のひとつで、歯を本来の白さに戻す、またはよりキレイな白にするための治療を行います。

  • ホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニング
  • デュアルホワイトニング
  • クラウン
  • ラミネートべニア

上記のような治療方法があります。手間はかかるが治療費の安いもの、高額だが見た目はキレイなものなど、治療方法ごとのメリット・デメリット、治療期間や費用目安を紹介しています。

ホワイトニングとは>>

インプラントの寿命ついて

インプラントの寿命は10年以上と言われています。それは、入れ歯の5年やブリッジの8年よりも長いです。インプラントの寿命が長い理由は何なのか、インプラントの寿命はどのくらいなのかについて紹介しています。

また、インプラントの寿命を長くするためには、歯科医院選びにも気を付けなければなりません。保証が受けられる歯科医院なのか、アフターケアをしてくれる歯科医院なのかを見極める方法を解説しているので、インプラントを考えている方はぜひ読み進めてください。

インプラントの寿命は?延ばす方法や再手術について>>

インプラントの痛みについて

インプラントの手術をするのは痛いという話を聞いたことがある人も多いかもしれません。インプラントの手術にかかわる痛みは大きく分けて手術前、手術中、手術後の麻酔が切れたあとの3つあります。その3つの痛みと原因、対処方法はあるのでしょうか?

インプラントの手術前の痛み、手術中の痛み、手術後の麻酔が切れたあとも痛み止めが処方されるため、辛さを感じにくいように配慮されています。次の記事では痛みの原因についても解説しています。

インプラントの痛みは?手術前・手術中・手術後の痛さと原因>>

インプラントの手術方法と種類

インプラントの手術は、口や歯の状態によってたくさんの手術方法の中から適したものを選んでおこなわれます。その中でも大きく「一回法」と「二回法」に分けられます。

また、インプラントを埋め込む歯槽骨が足りない場合におこなわれる「骨造成」にもそれぞれ適した方法で行われます。。ここではインプラントを複数埋め込む場合やマグネットを使ったインプラントなど、さまざまな手術方法について紹介しています。

インプラントの治療方法まとめ!さまざまなケースと手術内容について>>

インプラントで医療費控除の対象になる例

1本30~50万円の費用がかかると言われるインプラント治療。1本ではなく数本治療することも多いため、治療費の総額は数百万円になることも少なくありません。そんなインプラント治療は、実は医療費控除の対象になるケースがあると知っていましたか?

入れ歯やブリッジを審美(見た目の美しさ)目的でインプラントにする場合は対象外になってしまいますが、病気や事故などで歯を失ってインプラント治療をする場合の治療費は医療費控除の対象になるんです。申請方法や詳しい適用条件について紹介します。

インプラントは保険適用外!医療控除の対象にできるの? >>

歯医者さんのデンタルローンについて

歯医者さんの治療には、審美歯科にあたるインプラントやホワイトニング、歯列矯正のように高額な費用がかかるものがあります。

一括で支払いできる人には問題ないかもしれませんが、30~100万円を超える費用は簡単に家計から出せないという人も多いでしょう。

歯科医院では高額治療を分割し払いにできる「デンタルローン」が利用できます。

提携している信販会社により金利や手数料は異なり、審査基準も違いますが、最大で84または96回払いにできるため、月々の支払額が減って懐も痛みにくいです。

デンタルローンについての基礎知識、低金利と高金利の月々の支払額の目安、メリット・デメリットについて知りたい方は、ぜひご覧ください。

歯医者さんのデンタルローン!矯正やインプラントで使う支払い方法>>

歯医者さんの麻酔について

歯医者さんの治療に使われる麻酔は、注射を打つ麻酔と注射の痛みを軽減させるのに用いられる表皮麻酔などがあります。詳しい麻酔の種類や方法、仕組み、治療後に麻酔が切れるタイミングや麻酔が効いてる間の過ごし方、アレルギーについてを紹介しています。

麻酔が怖いため、歯医者さんでの治療も嫌いになってしまうという人は、まず麻酔について知ってみましょう。

麻酔に対する知識が増えれば、恐怖感も少なくなるでしょう。麻酔に抵抗が ある人は、ぜひ麻酔についての記事を読んでみてください。

歯医者の麻酔の種類は?効いてる間の過ごし方と注意すべきポイント>>

妊婦さんが注意すべき症状と赤ちゃんへの影響

妊娠中はホルモンバランスが変わり、口の中にもさまざまな影響が出てきます。そのため、早めの診察と治療が大切とされています。

妊娠中に見られる症状は、以下のようなものがあります。

  • 虫歯
  • 歯肉炎
  • 歯周病
  • 妊娠性エプーリス

それぞれがなぜ発症してしまうのか、予防方法、や治療方法の紹介のほか、歯医者さんへは妊娠何週目から通っていいのか、赤ちゃんに影響が出ないように気を付けるべき点などを細かく解説しています。

【歯医者は妊婦OK】何週目から通えるの?赤ちゃんへの影響について>>

歯医者さん選び!子どもに出やすい症状と歯科での治療方法

子どもの歯並びが気になったとき、虫歯が気になったときは「一般歯科」と書いてある歯医者さんならどこでも行ってOKなのでしょうか?

実は、一般歯科と小児歯科は少し違いがあります!

それは、一般歯科よりも小児歯科の方がドクター技術が必要で、将来を見据えた治療計画を立てなければならないという点です。お子さんの歯を守るためにできること(虫歯予防や予防歯科など)や虫歯や矯正などの治療方法について紹介します。

【子どもの歯医者さん選び】将来を見据えた治療ができるよう注意する点>>

歯医者さんで親知らずを抜くべき?

親知らずは「生えてきたことに親が気づかない」という由来がある歯で、20歳前後から生えはじめます。

一番奥に生えているために歯磨きがしにくく、歯肉炎や歯周病、虫歯といったトラブルを招きやすい歯でもあります。加えて、上向きに生えてこないケースもあり、抜歯をしなければならないケースも。

どういった場合に抜歯になるのか、抜歯をしないでいるメリットはあるのか、治療費や歯医者さんの探し方まで詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

親知らずは抜歯しなければいけない?>>

歯医者さんで受けるレーザー治療とは?

歯医者さんの治療で、メスを使わずにレーザーを使用したり、タービンなどの歯を削る器具を使わずにレーザーを使用したりすることがあります。

歯科用レーザーには、痛みが少なく、副作用が少ないという利点があると言われています。その痛みはエステサロンで受ける脱毛の痛みと変わらない「輪ゴムではじいた程度」のものが目安とされています。

次の記事では、歯医者さんのレーザーの特徴や治療内容、費用や期間を詳しく解説します。

歯医者さんのレーザー治療について>>

歯磨きと一緒にやるデンタルフロスとは?

デンタルフロスは歯間にある歯垢を除去するためのナイロン製の糸のことです。糸ようじと呼ばれる商品もあります。

歯磨きだけでは落としきれない歯垢をデンタルフロスで落とすのは、日本では4人に1人程度しか行っていないというデータがありますが、スウェーデンのように歯の治療に関して関心の高い国では2人に1人は日常的にデンタルフロスを使用したケアを行っているというデータも。

次の記事では、デンタルフロスの必要性と種類、使い方を紹介しています。

虫歯予防にデンタルフロスを!種類と使い方>>

歯磨き粉の選び方!何を見ればいいのか?

市販の歯磨き粉には「虫歯予防」や「知覚過敏用」「ホワイトニング」など、さまざまな効果を記載しているものがあります。反対にそのような記載のないものも。

歯磨き粉を選ぶときには、どこを注目すればよいのでしょうか?

次の記事では、歯磨き粉の成分と効果、歯磨き粉の選び方だけでなく、歯科専売品と呼ばれる「歯医者さんで売っている歯磨き粉」について紹介しています。自宅の歯磨き粉を買い替える前に一読ください。

磨き粉の選び方!歯医者さんと市販の商品は違う?>>

歯医者さんを転院する前に知っておきたいこと

歯医者さんへ行ってみたけれど、納得がいかないので他院に転院したいと考えたことのある人はいませんか?

歯医者さんを変えたいと考える人には、治療内容と治療費が気になっているという人が多いようです。

次の記事では、歯科医師が思う「いい歯医者さんの選び方」もあわせて紹介しています。転院を考えている人は、転院前にご一読ください。

歯医者さんを転院するメリットはある?>>

歯医者さんに行った方がいい?詰め物が取れたときの対処法

せっかく歯医者さんで治療をしたのに詰め物が外れてしまった!

次の予約日までにできることはあるのでしょうか?

次の記事では、治療後の詰め物が外れてしまう原因と外れてしまったに次の予約日までにしておきたいことをまとめて紹介しています。放置した場合に考えられることもあわせて紹介しています。詰め物をした、詰め物をする予定の方は一度ご覧ください。

歯医者さんの詰め物が外れる原因と対処法>>

赤ちゃんは虫歯になるのか?予防方法と普段のケアについて

生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌を持っていないと言われています。では一体なぜ虫歯になってしまうのでしょうか。虫歯が起こる原因となるミュータンス菌や赤ちゃんの歯磨きの仕方、歯磨きを嫌がる場合の対処法についてまとめました。そのほか、虫歯対策を始めるタイミング、赤ちゃんの虫歯の特徴、予防歯科の選び方などを解説しています。

よくある質問もまとめて紹介しているので、赤ちゃんの口のケアについて気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんと虫歯の関係・ケア方法>>

口内を清潔にするのに大切な歯磨きの回数とタイミング

歯磨きは食後にするのがいいといわれていますが、何を根拠に回数やタイミングが決められているか気になったことはありませんか?

次の記事では、プラークコントロールをするのに推奨される歯磨きの回数、口内を清潔にするために推奨される歯磨きの回数、症状によっておすすめされない歯磨きのタイミングについて紹介しています。

歯磨きの方法や歯ブラシの選び方、口内ケアについてもあわせて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

歯磨きの回数は何回?ケアのタイミングは? >>

歯の着色汚れについて

「歯が黄色いのがコンプレックス」「気を付けていても着色汚れがひどい気がする」といったように、歯の色が気になる方も多くいます。

歯の着色汚れは、先天的理由(ヤニやポリフェノールなど)と後天的理由(老化や)エナメル質の薄さなど)があり、それに合わせた対処が大切です。歯の着色の原因や自分でできる対処法、歯医者さんでできる対処法を紹介、ちまたで噂のホワイトニングはやってみて大丈夫なのかについて解説しています。

歯の着色と汚れの落とし方 >>