越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » インプラント治療でおすすめ!越谷の歯科医院3選 » インプラントと歯周病の関係

インプラントと歯周病の関係

インプラントと歯周病の関係性から、歯周病の予防方法までを説明していきます。

インプラントと歯周病の関係性とは?

これからインプラント治療を受けようか、と検討している方もいるのではないでしょうか?インプラント治療を受けても歯周病は発生するケースがあることをご存知ですか。切っても切れない関係性を説明します。

歯周病だとインプラントできない?

歯周病は世界で最も患者数の多い病気としてギネスにも載るほど、誰にでも起こりうる病気。厚生労働省の調査では、30代以上の日本人の8割がかかっている、もしくは予備軍である、というデータもあります。

重度の歯周病になると、歯を失うケースがあり、その歯を補う治療として、インプラントが生まれました。そんなインプラント治療を歯周病を治さないままで行うのは非常にリスクが高いことをご存知でしょうか。

実は歯周病を治さないままでインプラント治療を受けると、インプラントを埋め込むために空けた穴が塞がりにくく、また、インプラントが抜け落ちる原因になります。

ですので、インプラント治療を受ける場合は、まず、歯周病の治療を受けてからにしましょう。

インプラントも歯周病になる?

仮に骨とインプラントがくっついても、歯周病菌が原因となって、「インプラント周囲炎」という病気にかかる場合があります。インプラント歯周炎になると歯垢の中で雑菌が繁殖し、その雑菌が出す毒素によって周囲の骨が徐々に溶かされてしまいます。

するとインプラントと骨がうまくくっつかず、最悪の場合、インプラントが抜けてしまう恐れがあります。そうでなくても、インプラントの不具合にもつながりかねません。また、骨が溶けてしまうために、インプラントのネジの部分まで露出してしまうこともあります。

歯周病・インプラント周囲炎の予防法

歯周病・インプラント歯周炎ともに、予防法は以下に挙げた3点です。

  • 歯垢を丁寧に落とす
  • 時間を決めて食事を摂る
  • 歯科医院でメンテナンスを受ける

歯垢が溜まることで歯周病の原因菌が繁殖し、骨を溶かす毒素を出し続けます。これを防ぐためには歯垢を取り除くことが最も有効。ですが、普段の歯磨きだけではケアしきれない箇所もあるので、定期的に、少なくとも年に4回程度は、歯科クリニックで検査・ケアを受けましょう。

的確なケアをすることで、自分の歯もインプラントも両方、長持ちできるようになるのです。

TOPへ