越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 良い歯医者さんの選び方 » 子供に優しい歯医者さんとは?

子供に優しい歯医者さんとは?

虫歯の治療は大人でも嫌がる人が多く、痛みを我慢する人も少なくはありません。そのほとんどが子供の頃に歯医者さんで怖い経験をしたことがある、と回答します。

独特なニオイや雰囲気を怖がる人も多いですが、一番の理由は「音」。特に小さなお子さんは治療のときに聞こえる音に嫌悪感を抱くようです。

どうしたら子供が嫌がらずに治療を受けてくれるのでしょうか。もちろん個人差もありますし、これといった回答はできません。

しかし、定期的に検診をしているお子さんや親の付き添いで歯医者にきている子の多くはあまり怖がることなく、診療台にも比較的スムーズに座ってくれるようです。ほかにも、親御さんが「歯医者=怖いところ」と認識させないようにすることが大切なようです。

ここまでは親御さんができる方法ですが、歯科医院側ではどのような取り組みがされているのでしょうか。

子供に対応しているシステム

●治療を近くで見守ることができる

医院によっては子供が治療をしている間、近くに椅子を置き、親御さんの近くでお子さんが治療を受けることができたりと工夫がされています。

親御さんが近くにいると感じられるだけで、お子さんの恐怖心は少なくなります。そのため、治療もスムーズに行えるのです。

●痛みの少ないレーザー治療

レーザーと聞くと少し身構えてしまうかもしれませんが、お子さんでも使用できるような痛みの少ないレーザー治療法です。歯茎が腫れてしまったり、虫歯が進行してしまった場合など、様々な用途で使用します。

●治療の前にまずは練習から

お子さんに、実際治療で使用する器具をさわってもらい、これがどのような器具でどうやって治すのか、などの説明をしていきます。一通り遊んだら今度はその器具を口の中に入れます。それができたら、治療台に座ってもらい口を大きく開ける練習をします。

このようにして、順番にひとつずつ治療の練習を重ねていきます。

早い子だと、その日のうちに治療することも可能ですが、恐怖心が残っている場合は後日改めて治療をするなど、一人ひとりに合った治療法で進めていきます。

医院によっては、トレーニングルームが完備しておらず、実際に使用する治療台の上で練習することになる場合もありますが、多くの歯科が練習からはじめてくれると考えてよいでしょう。

最近の歯医者さんの子供への配慮

●ご褒美がある

最近は、治療を終えたお子さんにご褒美におもちゃや歯科用のお菓子など、「がんばったね」とご褒美をあげる歯科が多いようです。ご褒美をもらうことによって、また治療がんばろうと子供ながらに思ってくれるお子さんが多いようです。

●おもちゃやアニメがある

待合室におもちゃがあったり、治療中にアニメが見れたりと、なんだか至れり尽くせりですね。待合室のおもちゃは、診療室に持ち込んで良いという歯科医院もあるので、一度受付で確認を取ることをおすすめします。なにかを手に持っていると安心する、というお子さんも多いので何もない場合には、親御さんが手を握ってあげてもいいかもしれません。

アニメは治療中上を向いているお子さんが見ることはできませんが、音だけでも緊張感が和らぐようです。DVDなどの持ち込みは基本的にできないので、ご注意ください。

子供を歯医者に連れて行く際に気をつけること

●歯ブラシは自宅で済ませておく

治療直前にお菓子屋ジュースを飲んでしまうと、磨き残しの確認やブラッシング指導がしにくくなってしまいます。お子さんの磨けていない箇所や苦手な箇所を診てもらい、自宅でもしっかりと歯を磨けるように指導してもらうためにも、治療前に歯を磨いておくとよいでしょう。

●歯医者は怖いところだと教えない

治療が怖いものだと感じてしまうと、素直な子供たちは間に受けてしまいます。しかし嘘はいけません。虫歯を治してくれるところ、歯をキレイにしてくれるところなどとプラスノ情報を与えてあげるようにしましょう。

●治療後はしっかりと褒めてあげる

「がんばったね」「お利口だったね」と褒めてあげてください。ここで「怖かったね」「痛かった?」などとマイナスなことを言ってはいけません。お子さんが今後も積極的に治療に取り組めるように、親御さんの協力も必要なのです。

さいごに

子供の頃に歯医者に恐怖心を抱くことのなかったお子さんは、その後大きくなっても歯医者自体を怖いと思うことはあまりありません。

虫歯がなく健康な歯をお持ちのお子さんは、定期的な検診を受診することによってその後も健康な歯を維持することができます。

また、お子さんが自分で歯を磨くようになったあとは大人の仕上げ磨きが虫歯にならないためにも重要になってきます。お子さんの検診ではその仕上げ磨きについての指導も受けることが可能ですので、一度定期検診を受けてみてはいかがでしょうか。

お子さんの検診は、年に3.4回がベストです。春休みや夏休みなどの長期的なおやすみを目安にすると、忘れることなく通院できるのではないでしょうか。