越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 知っておこう!歯にまつわる知識まとめ » 親知らずは抜歯しなければいけない?

親知らずは抜歯しなければいけない?

このページでは親知らずについて、歯医者さんでどのような治療を行うのかを含めて詳しく紹介しています。

そもそも「親知らず」はどこの歯?

親知らずは一番奥にある歯のことで、上下の前歯から数えて8番目の位置にあります。20歳前後、遅い人ではそれ以降に生え始めるのが特徴です。

親元を離れる20前後で生えることから親も知らない「親知らず」と呼ばれています。

一番後ろに生えてきますが、あごやその他の歯との状態によってはスペースが十分に取れず、歯が横向きに生えて来る場合があります。十分な隙間がないと歯茎に埋まるケースも見られ、虫歯や歯周病といったトラブルの原因に繋がる恐れもあります。

また、キレイに生えている場合でも、歯ブラシで磨きにくい位置にあるため、汚れを落としきれずに虫歯になってしまうケースも。違和感を覚えたら歯医者さんで親知らずの状態をチェックしてもらうようにしてください。

親知らずは歯医者さんで抜かなきゃならないの?

「歯医者さんで親知らずを抜いてきた」という話は耳にする機会がありますが、親知らずが生えてきたら、絶対抜歯をしなければならないのでしょうか?

さまざまなトラブルの原因にも繋がる親知らずですが、必ず抜歯する必要がある、というわけではありません。

抜歯が必要なケース

  • 親知らず、または親知らずに隣接する歯が虫歯になった
  • 横向きに生えており歯並びに影響する
  • 食べかすが挟まりやすい場合(虫歯等のリスクが高い)
  • 膿ができやすい場合(虫歯等のリスクが高い)
  • 歯茎に埋まっていて神経を圧迫している

親知らずそのものが、正しい位置に生えないケース(横向き、埋まっている)は、矯正で向きを直すことも難しく、膿や腫れなどのトラブルの原因になってしまうこともあるため、抜歯を勧められています。

また、上向き正しく生えている場合でも、歯茎が重なっており、間に食べかすが詰まってしまい、定期的に腫れや膿ができる状態になっている場合も抜歯が必要です。

ブラッシングが難しい場合は親知らずそのものが、もくしは隣に生えている奥歯が虫歯や歯肉炎、歯周病になってしまうリスクが高まります。痛みが現れてから治療をするよりも、抜いたほうがいいとドクターが判断することもあります。

親知らずは基本的に「抜歯対象」とされる歯ではありませんが、歯列や歯の健康に影響を与える場合のみ、抜いたほうが良いとされている歯と言えるでしょう。

抜歯がいらないケース

  • 噛み合わせの状態がよい
  • 上向きに生えている
  • 入れ歯やブリッジの土台になる
  • 治療に活用できる
  • 矯正で歯並びを整えられる

親知らずが上向きに生えていて、顎や噛み合わせに悪い影響を与えていない場合、歯の状態がよい場合は、抜歯の必要はありません。また、矯正器具で向きを調整できる場合も抜歯は必要ないとされています。

すぐに隣接する奥歯の入れ歯やブリッジを作製しなければならない場合にも、そのまま親知らずを残して利用できます。

また、親知らずの細胞は再生医療にも活用できると言われています。どうしても抜かなければならないケース以外では、できる限り残しておいたほうが、のちのち役に立つかもしれません。

親知らずを残すメリット

親知らずはキレイに生えていれば抜かなくていいものと言われていても、なかなかよい状態で生えてくるものではありません。矯正や手入れまでして残しておくメリットはあるのでしょうか?

親知らずを残しておくメリットには以下のような例があります。抜歯するかしないかで悩んている人は、参考にしてみてください。

  • ブリッジや入れ歯作成時に役立つ
  • 再生医療で活用できる
  • 術後合併症のリスクがない
  • 知覚麻痺のリスクがない
  • 鼻と口の空洞がつながるリスクがない

親知らずがキレイに生えている場合、そのままにしておくことで、近くの歯を抜歯して入れ歯にしなければならないときに土台となり役立ちます。

また、歯のなかにある「歯髄(しずい)」を残して置けるというのもメリット。歯髄はいわゆる「歯の神経」と呼ばれる柔らかい組織なのですが、繁殖能力が高いため、再生医療に利用すると未来の医療で役に立つ可能性が出てきます。

2020年1月現在の医療でできる再生医療には、「歯髄再生医療法」という治療法があります。ひどく進行してしまった虫歯の治療で歯髄を抜いた歯に対し、親知らずの細胞を移植して歯の神経を再生させることが可能な方法です。通常、神経を抜くほどの虫歯治療をした歯は、神経の代わりに人工物を埋めますが、1~2割の割合で膿がたまってしまうといったトラブルを起こしてしまうことがあります。その場合、再度根幹治療をおこなう必要があり、膿が溜まることで痛みや不快感を覚えてしまいます。

しかし、自分の親知らずが残っていて再生医療に利用できれば、膿が溜まってしまうトラブルを起こすことは少ないため、より日常生活に不安が少なくなると言えます。

【参考】国立長寿医療研究センター「歯髄再生医療法とは」

また、親知らずを抜かずにいることで、手術で起こりえる合併症や麻痺などのリスクを負わずに済むというメリットもあります。必ずしも抜歯が正解というわけではないので、担当医とよく話をしたうえで、抜歯をするかどうか決めましょう。

親知らずの抜歯にかかる費用

どうしても親知らずを抜歯しなければならない場合、治療費はいくらかかってくるのでしょうか?

通常の抜歯 1,000円~
横向きや埋まっている歯の抜歯 8,000円~

親知らずの治療は、保険適用の範囲内で受けられます。虫歯治療だけでなく抜歯も対象です。

上向きに生えている、少し傾いているだけというケースなら、3割負担で1,000~5,000円の範囲で治療が終わることが多いようです。

横向きに生えていたり歯茎に親知らずが埋まっていたりするケースでは、歯茎を切り骨を削る治療をするため、8,000円以上かかってしまうことも。治療費が不安な場合は、先に医師に相談しておくことで、治療時期を考えることもできますし、他に対処できる方法はあるかのアドバイスももらえます。遠慮せずに話してみましょう。

親知らずによって引き起こされる症状

親知らずは奥に生えているため、自分で確認するのが難しい歯です。上向きに生えているのか、このままにしておいていいのか迷ったときは、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 顔が腫れている
  • だるい
  • 熱が出ている
  • フェイスラインが変わった
  • 頭が痛い

顔が腫れる、倦怠感がある、熱が出ているという場合は、細菌感染症のひとつである「蜂窩織炎(ほかしきえん)」の発症が考えられます。親知らずが炎症を起こし、細菌が血液を通じて全身に流れてしまうため、口だけでなく全身に症状が現れるのが特徴。抗生剤による治療をおこないますが、状況によっては入院が必要なケースもあるため、放置せずに医師に相談しましょう。

また、親知らずが生えることで神経の圧迫、顎関節症や頭痛といった症状が出ることもあります。歯並びが変わってしまうことでフェイスラインが変わるケースもあるため、「いつもと違う」と感じた場合は、親知らずの状態を調べてもらうのも大切です。

親知らずを診てもらいたい!歯医者さんの選び方

あなたの親知らずはどのように生えていますか?現状を知りたい、歯医者さんにかかりたいという方に、親知らず治療を任せられる歯医者さんの選び方を紹介します。

以下のポイントに注目して、歯医者さんを選んでみましょう。

  • 親知らずを抜いてよかったという知り合いからの紹介
  • 口コミ評判のよいところ
  • インプラント手術をしている歯医者さんかどうか
  • 滅菌や消毒に力を入れているかどうか
  • 親知らずの抜歯の症例を紹介しているかどうか

おすすめは治療を受けた知り合いからの紹介です。治療を受けているため、術後の状態が分かりますし、費用や治療時間についても確認できます。近くに親知らずの治療を受けた人がいない場合は、口コミ評判をチェックしてみるのもいいでしょう。

本サイトでも、歯医者さんの基本情報や院長のモットー、歯科医院のコンセプトや得意分野、口コミを紹介しているので、参考にしてみてください。

次に注目してほしいのが「症例があるか」と「インプラント治療をおこなっている」です。

親知らず抜歯の症例を公式サイトで紹介している場合は、治療に自信があるケースも多いためです。また、インプラントの治療をしている歯医者さんは手術室を用意していること、感染症予防に消毒や滅菌に力を入れているケースも多く、抜歯時のトラブルが起こりにくいと考えられるからです。

歯医者さんで親知らずの状態チェックをしておこう

親知らずは、他の歯と同様に正常な向きで生える場合や今後の治療に活用できる場合は基本的に抜歯の必要はありません。

抜歯をしなければならない場合でも、保険適用となるため1万円以下で治療ができるケースが多くあります。

現状が気になる場合は、親知らず治療やインプラント治療を得意とする歯医者さんを口コミや紹介から探してみてください。