越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 知っておこう!歯にまつわる知識まとめ » 正しい歯ブラシの選び方

正しい歯ブラシの選び方

ここでは、正しい歯ブラシの選び方について紹介しています。

良い歯ブラシといえる3つのポイント

歯ブラシの選び方で、虫歯はもちろん歯周病を予防し、きれいな歯を保つことができるようになります。特に大事なのが、歯周ポケットの中に入り込んでしまった汚れや歯周病菌などを追い出すこと。

そのためには、下記の3つのポイントを抑えた歯ブラシが最適です。

毛先が細い

歯周ポケットの中に入り込み、きれいにゴミや歯周病菌をかきだすには、毛先が細くないと無理。超極細になっている歯ブラシでブラッシングするようにしましょう。

歯ブラシで「ふつう」と表記されているものは、毛の直径が0.2mm前後で毛の太さは先から奥まで均一。ですが、超極細タイプでは毛先にいくにつれて細くなり、一番細いところはわずか0.02mmほど。

毛先が細いので歯周ポケットに入り込むのも難しくなく、ダメージも与えません。

ヘッドが口に合っている

ヘッドとは、歯ブラシの毛が植えてあるところ。ヘッドの長さはいろいろで、大きいものもあれば小さいものもあり。口の中の奥まで小回りが利くタイプでいえば、小さいほうが有利です。

汚れも落としやすくなりますので、できれば小さいほうがいいでしょう。

毛の硬さがちょうどよい

毛が硬すぎると、歯茎によけいな力がかかって傷つけてしまいます。では柔らかいのがいいのかというとそうでもなく、逆に汚れを落とすことができず役に立ちません。

硬すぎず柔らかすぎず…指の腹を歯に見立てて当てたときに、ちょうどよい硬さのものを選ぶようにしましょう。

歯ブラシは定期的にチェック&交換しよう

歯ブラシは、常に使い続けていると劣化してきます。毛先が左右に開いてしまうと、汚れや歯周病菌の除去効果が従来の半分以下になってしまいますので定期的にチェック!

歯ブラシをヘッドの裏側から見たときに、毛先がはみ出しているのが見えたら交換サイン。取り替えるようにしましょう。

また、歯磨きにプラスして使いたいのが、歯ブラシでは磨きにくい部分を磨くのに最適な歯間用ブラシです。1日1回、少なくとも3日に1回、歯間用ブラシを使ってケアをすると、虫歯や歯周病予防率も格段に上がります。

電動歯ブラシという選択肢

どうしても手ではうまく磨けないということであれば、電動歯ブラシを使うのもおすすめです。電動歯ブラシであれば高速で汚れを掻き出してくれるので、効率よく歯をキレイにできるでしょう。

電動歯ブラシの種類

電動歯ブラシにはいくつかの種類があります。

まず、振動式歯ブラシです。価格は数百円程度と安く、パワーは強くありません。単純な高速の往復運動によって振動します。

続いて回転式歯ブラシについて。こちらはブラシ部分が丸く、回転することによって汚れを落とします。振動が大きいといったデメリットはありますが、通常の歯ブラシでは届きにくい歯の裏側などに届きやすいのが魅力です。

最後に、音波式歯ブラシについて。通常の振動式の歯ブラシに音波を発生させることにより歯垢を除去しやすくしたもので、価格は高いものの、振動数は非常に多く、効率よく歯垢を落とせるのが特徴です。

普通の手磨きの歯ブラシとの違い

何となく、普通の手磨きの歯ブラシよりも電動歯ブラシの方が高性能のような気がするかもしれません。しかし、実際には普通の歯ブラシでも丁寧に磨けば汚れはきちんと落ちますし、電動歯ブラシだからといって適当に磨いては磨き残しが発生します。

実際に電動歯ブラシを使っている方の中には、表面はキレイになっているものの、歯と歯の間や歯と歯茎の間に汚れが残っている方も珍しくありません。この大きな理由として挙げられるのが、電動歯ブラシの方がパワーもあり、しっかりと磨けているというイメージが強いからだといえるでしょう。

手磨きと電動歯ブラシ、どちらか一方が極端に優れているわけではありませんので、電動歯ブラシでなければキレイに磨けない、といったことはありません。丁寧に磨くことが大切なのです。

歯磨き粉の選び方について

電動歯ブラシを使う場合、歯磨き粉選びに注意しましょう。歯磨き粉の中には研磨剤が入っているものが多いのですが、電動歯ブラシで磨くと歯が削れてしまう可能性が高くなります。そのため、研磨剤が入っていないものを選びましょう。 また、発泡剤が入っていないものの方が口の中が泡だらけにならずに済みます。

電動歯ブラシの使い方

電動歯ブラシは、正しく使うことでより効果的に歯をキレイにできます。ですが、中には使い方を間違えている方も多いので、正しい使い方について確認してみてくださいね。

まず、スイッチを入れるのは口に入れてからです。実際にやってしまった方もいるかもしれませんが、口に入れる前にスイッチを入れると歯磨き粉が飛び散ります。

そのため、これは自然に実践できている方も多いはず。口の中に歯ブラシを入れたら、軽く歯に当てた状態でスイッチを入れます。

続いて、歯を磨く際にはブラシのヘッドを歯に強く押し付けないようにしましょう。

強く押し付けたほうが、より効果があるような気がするかもしれませんが、威力が強いものなので歯を傷付けてしまいます。

噛み合わせ面を磨く際には、歯に対してブラシのヘッドが90度になるようにあてましょう。側面を磨く際には45度~90度を目安にしてみてくださいね。ただ、90度にあてるだけだと歯と歯茎の間の汚れをうまく落とせません。そのため、歯周病対策として45度に傾けて利用しましょう。ちなみに、歯の裏側は、歯ブラシを縦にして1本ずつ丁寧に磨くことが大切です。

電動ではない通常の歯ブラシで磨く場合、横にゴシゴシ磨きますよね。ですが、超音波歯ブラシを除く電動歯ブラシの場合はこれを行う必要がありません。1箇所につき数秒間磨いたら、ゆっくりと横にスライドさせましょう。

電動歯ブラシだけでは、歯間はキレイにできないのでデンタルフロスも活用してください。