越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 知っておこう!歯にまつわる知識まとめ » 虫歯を予防するには

虫歯を予防するには

ここでは、虫歯を予防するポイントを解説します。

虫歯が作られる3つの原因

虫歯の原因は主に3つの要素があります。細菌(ミュータンス菌)・歯の質・糖質です。一つでも欠けていると虫歯になることはなく、3つ揃うと時間の経過とともに虫歯が作られひどくなっていくのです。

まず、虫歯の原因菌であるミュータンス菌が、歯の表面にあるにバイオフィルムという膜に付着して感染。ミュータンス菌は約1μm(1/1000mm)ほどの球状の菌で、歯垢(プラーク)を作り、食べ物に含まれる糖質を代謝して酸を作ります。

歯垢の内部で作られた酸が、歯の大事な成分であるカルシウムやリンを溶かしていきます(脱灰)。これが、虫歯の発生です。

ただし、口の中にある唾液が酸を中和し、歯を修復(再石灰化)していくといった虫歯予防もおこなわれるので、すぐに悪くなるといった事はありません。が、唾液による中和や修復が間に合わないと、虫歯がどんどん進行していくことになります。

主な糖質としては砂糖ですから、間食が多い、甘いものをよく口にする人は要注意。キャンディーやドリンクなど、常に口の中に糖分があるような状態では、歯の表面が酸に触れている事が多く、虫歯になりやすい環境であるといえます。また、歯磨きがうまくできていない、しっかりと磨けていない状態では虫歯がどんどん進行します。

この状態を放置しておくと症状が進行し、最悪、歯を失うといった事態にまで発展してしまいます。虫歯を発生させないことはもちろん、早い段階で適切な処置をすることが大事なのです。

歯を守るのはバランスの良い食事と歯磨き

虫歯を予防するには、細菌(ミュータンス菌)・歯の質・糖質を揃わせない事です。なかでも、歯の質を低下させないことは虫歯を予防する上で大事なポイント。それには、バランスの良い食事が欠かせません。

  • 良質のたんぱく質…歯の基礎となる
  • ビタミンA…歯のエナメル質の土台
  • ビタミンD…カルシウムの代謝や石灰化をコントロール
  • ビタミンC…歯の象牙質の土台
  • カルシウム&リン…石灰化のための材料

また、当然ですが正しい歯磨きは必須。特に寝る前の歯磨きは重要です。実は寝ている時が一番に唾液の量も少なく菌の活動が活発。虫歯になりやすい、進行しやすい時間帯なのです。

虫歯かも?と思ったときのセルフチェック

越谷の歯医者さんで予防歯科にかかろうとされている方に知っておいてほしいのが、虫歯のセルフチェック方法。自覚症状がほとんどないといわれる初期の虫歯の発見や、虫歯の兆候にいち早く気づくためにも、日頃からチェックする習慣をつけておきましょう。

セルフチェックの際に気をつけたいポイント

虫歯のセルフチェックと聞いて思い浮かぶのは、鏡を見ながら指で口を開き歯の状態を見るという方法です。ここで気をつけたいポイントは、口の中がよく見えるように明るい光をあてること。

可能であれば通販などでも購入できる歯科用のデンタルミラーを使いながら、表からは見えづらい歯の裏側などのチェックも行えるとベストです。

虫歯の症状のチェック

歯科医院での定期検診を受ける習慣がなかったり、食後や就寝前の歯磨きをつい怠けてしまうことが多い人など、注意してほしいのがちょっとした症状のチェックです。

  1. 歯の表面に、茶色または黒くなった箇所がある
  2. 歯が部分的に白くなり磨いても落ちない
  3. 冷たい食べ物や飲み物、温かいもの・甘いものがしみる
  4. 歯の間などに食べ物がはさまりやすくなる
  5. 舌でさわったときに引っかかった感じがする
  6. 痛みは感じないが穴があいている歯がある
  7. 硬いものを噛むと痛くなる

上記の症状が進むと、何もしなくても歯が痛くなったり、穴のあいた部分が黒くなったりという症状が見られるようになります。じつは、歯科医師でも奥歯などに発生した自分の虫歯を見つけるのは難しいといわれています。

少しでも気になることがあったら歯科医院にかかることはもちろん、予防歯科でのケアや定期検診がおすすめです。

子供の歯を守る4つの方法

子供の歯を守りたいと考える親御さんは多いと思いますが。具体的にはどんなことをすればいいのでしょう?特におすすめの4つのポイントをご紹介します。

糖分を控える

じつは、歯は鉄よりも硬い材質でできているといわれています。その硬い歯が虫歯になってしまう原因のひとつが、歯の酸性化です。通常口の中は中性ですが、食品に含まれる糖分が虫歯菌のエサとなって酸性化します。

この酸は、歯に含まれるカルシウムなどのミネラル分を溶かす性質を持っており、これが虫歯の大きな原因となるのです。歯を酸性化する糖分を控えるのはもちろん、食後すぐに歯磨きをすることも大切です。

ミュータンス菌に感染させない

人の口の中には、300~400種もの最近があるといわれています。その中の一部の菌が健康な歯を溶かし虫歯を発生させるといわれていますが、特に気をつけたいのがミュータンス菌です。ミュータンス菌は、歯の歯垢をエサにして繁殖するといわれていますが、親から子供へ伝染することでもよく知られています。

そのため、親の口で噛み砕いた食べ物を子供に与えたり、親が口をつけた箸を使用して子供に食べ物を与えたりする行為には注意が必要です。特に2歳以下の子供に口移しで食べ物を与えるのは厳禁です。

子供は2歳ごろになると新しい菌を受け付けないようになるので、それまでは、虫歯の大きな原因となるミュータンス菌をわざわざ子供の口に入れるような行為はやめたいものですね。

【参考】J-STAGE:ミュータンス連鎖球菌数と小児の生活習慣の関係について

PMTCを受ける

口の中に発生した粘膜の中で最近が繁殖する状態を「バイオフィルム」と呼びます。このバイオフィルムは、抗菌剤などでは除去することができず、少しでも口の中に残っているとそこから繁殖を始め広がってしまう性質を持ちます。

虫歯だけではなく歯周病の原因にもなるバイオフィルムを取り除くのが、歯科医院で受けられるPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)です。通常の歯磨きや抗菌剤では取り除けないバイオフィルムを、機械的な口腔清掃に除去する大きな効果を持つ予防歯科の強い味方です。

越谷には、このPMTCを取り入れている歯医者さんも多いので検討してみてください。

フッ素で歯質を強化する

歯を強化する働きを持つフッ素は、歯のエナメル質の酸への抵抗力を高める性質があります。歯のエナメル質は、強くなるとその後は簡単に溶けることがないので、フッ素を使った歯質強化は、予防歯科を考える方にはおすすめの方法です。

歯科強化のためのフッ素は、低濃度のものを長期に渡り使用するのが効果的といわれていますが、年に2回ほど、歯科医院で高濃度のフッ素を歯の表面に塗るとさらに効果が高まります。予防歯科で相談してみてください。

歯科医院に相談を

自宅でできる虫歯のセルフチェックや予防の方法をお伝えしました。自宅でのケアとともに歯科医院での検査や施術を受けることができればさらに安心です。

越谷には、子供の予防歯科に力を入れているクリニックや歯科医院がたくさんありますので、ぜひ相談してみてください。