越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 知っておこう!歯にまつわる知識まとめ » 虫歯を予防するには

虫歯を予防するには

ここでは、虫歯を予防するポイントを解説します。

虫歯が作られる3つの原因

虫歯の原因は主に3つの要素があります。細菌(ミュータンス菌)・歯の質・糖質です。一つでも欠けていると虫歯になることはなく、3つ揃うと時間の経過とともに虫歯が作られひどくなっていくのです。

まず、虫歯の原因菌であるミュータンス菌が、歯の表面にあるにバイオフィルムという膜に付着して感染。ミュータンス菌は約1μm(1/1000mm)ほどの球状の菌で、歯垢(プラーク)を作り、食べ物に含まれる糖質を代謝して酸を作ります。

歯垢の内部で作られた酸が、歯の大事な成分であるカルシウムやリンを溶かしていきます(脱灰)。これが、虫歯の発生です。

ただし、口の中にある唾液が酸を中和し、歯を修復(再石灰化)していくといった虫歯予防もおこなわれるので、すぐに悪くなるといった事はありません。が、唾液による中和や修復が間に合わないと、虫歯がどんどん進行していくことになります。

主な糖質としては砂糖ですから、間食が多い、甘いものをよく口にする人は要注意。キャンディーやドリンクなど、常に口の中に糖分があるような状態では、歯の表面が酸に触れている事が多く、虫歯になりやすい環境であるといえます。また、歯磨きがうまくできていない、しっかりと磨けていない状態では虫歯がどんどん進行します。

この状態を放置しておくと症状が進行し、最悪、歯を失うといった事態にまで発展してしまいます。虫歯を発生させないことはもちろん、早い段階で適切な処置をすることが大事なのです。

歯を守るのはバランスの良い食事と歯磨き

虫歯を予防するには、細菌(ミュータンス菌)・歯の質・糖質を揃わせない事です。なかでも、歯の質を低下させないことは虫歯を予防する上で大事なポイント。それには、バランスの良い食事が欠かせません。

  • 良質のたんぱく質…歯の基礎となる
  • ビタミンA…歯のエナメル質の土台
  • ビタミンD…カルシウムの代謝や石灰化をコントロール
  • ビタミンC…歯の象牙質の土台
  • カルシウム&リン…石灰化のための材料

また、当然ですが正しい歯磨きは必須。特に寝る前の歯磨きは重要です。実は寝ている時が一番に唾液の量も少なく菌の活動が活発。虫歯になりやすい、進行しやすい時間帯なのです。