越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 知っておこう!歯にまつわる知識まとめ » 妊婦さんは通える?赤ちゃんへの影響について

妊婦さんは通える?赤ちゃんへの影響について

この記事では、妊婦さんが妊娠中に注意したい点と出やすい症状やその原因、治療法などを解説しています。

妊婦さんは歯医者にかかった方がいい理由と出やすい症状

妊婦さんは出産前に歯医者さんへ行き、現在の歯や口腔内の状態をチェック、予防に努めるのがいいといわれています。

なぜかと言えば出産を終えるまでに出やすい症状がいくつかあるため。

妊婦さんに多くみられる歯科系の症状は以下のようなものがあるといわれています。

  • 歯垢が増える
  • 虫歯になる
  • 歯肉炎・歯周病になる
  • 口臭がきつくなる
  • 歯茎が腫れる
  • 妊娠性エプーリスができる

上記の症状にかかってしまった場合はもちろん、かからないために歯医者さんに診てもらうことも大切なです。

特に心配がないという方でも、念のためチェックをしておくとよいでしょう。

万が一虫歯になってしまった場合、生まれた赤ちゃんの世話に追われ、病院に行けずに虫歯の痛みに堪えるということになってしまうかもしれません。

妊娠中にできることはしておき、万全な状態にしておく意識を持ちましょう。

歯垢・虫歯・口臭

女性ホルモンが増えることで、唾液の状態や分泌量が変化することがあるといわれています。

唾液の性状が変わると、歯垢(プラーク)が付着しやすくなり、虫歯に発展してしまう可能性が高まります。

もともと虫歯のなかった妊婦さんでも、つわりや体調不良で歯磨きが思うようにできず、虫歯になってしまうケースも。

歯医者さんで、虫歯になっていないか、虫歯予備軍に入っていないかチェックしてもらうのがおすすめです。

歯肉炎・歯周病

妊婦さんは、しっかりケアをしていても歯肉炎や歯周病にかかってしまう可能性が高まるといわれています。

それは、妊娠中に増加するエストロゲンが歯肉炎や歯周病の減温となする歯周病原細菌を増やし、プロゲステロンがプロスタグランジンという炎症を起こす物質を刺激してしまうから。

妊娠中は、妊娠前の身体に比べ、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の値が10倍以上になるため、それだけかかる確率が高まってしまうのです。

最初は歯肉炎から始まり、治療をせずに悪化してしまうと歯周病(妊娠性歯周病)になるとされています。

妊娠中に気を付けておきたい症状と言えるでしょう。

【参考】 NPO法人日本臨床歯周学会 歯周病と妊娠

歯茎の腫れ・妊娠性エプーリス

歯茎の腫れや妊娠性エプーリスと呼ばれる良性のできものも、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで起こりやすくなります。

炎症を放置すると歯周病に発展する可能性もあるので、「ただのできものだから…」と放っておかずに歯医者さんに診てもらうようにしてください。

妊娠中でも治療はできるのか?

妊婦さんは歯医者さんへ通った方がいいと言われても、妊娠初期(16週まで)と中期(17~28週)、後期(29週以降)すべての時期でいつでも受診していいものなのでしょうか?

妊娠何週目から歯医者さんに行けるのか?

妊娠中期、安定期と呼ばれる16~28週の間に通うのがおすすめとされています。

妊娠初期はつわりのように、体に辛い症状が出てしまう人も多く、長時間口を開けて検査をするのが大変です。

また、妊娠後期にはお腹が大きくなり、どの体勢で治療を受けていても苦しさを感じてしまうことも。加えて、胎児へ影響が出てしまう可能性があります。他にも妊娠29週目以降に服用が禁止されている鎮痛剤がいくつかあるのも理由の1つです。

【参考】 一般社会時法人くすりの適正使用協議会 妊娠・授乳とくすり

歯医者さんへ行くときには経過月数(週数)を伝えよう

安定期に歯医者さんで治療を受けるときは、必ずドクターに「妊娠している」こと、「妊娠何ヶ月目または何週目」なのかを伝えましょう。

病院によっては、使用する麻酔薬を変えてくれたり、楽な体勢で検査や治療ができるよう配慮してくれますよ。

また、子宮が大きくなり膀胱が圧迫され、トイレへ行く回数が自然と増えてしまいます。妊娠を伝えていれば、看護師や歯科衛生士が積極的に声を掛けてくれるという歯医者さんもあるようです。

通いやすさも大切!スムーズに治療ができる歯科クリニックを選ぶ

治療とは直接関係はありませんが、かかりつけの歯医者さんが無い場合は、口コミを見て待ち時間の短い歯科クリニックを探すのもおすすめです。

お腹が大きくなって息苦しく辛い状態で、診察までの時間を我慢して待つのは大変です。

急に気分が悪くなったり吐き気がしたりする人もいるので、事前に予約を入れてスムーズに会計まで進める歯医者さんを探してみましょう。

このサイトでは、越谷の歯医者さんを受けられる治療の種類、院長のモットー、歯医者さんのコンセプトや特徴、口コミをまとめて紹介しています。妊婦さんにピッタリの歯医者さん探しに活用してみてください。

妊娠していても治療内容はあまり変わらない

治療内容自体は妊娠していない人と大きく変わりはありません。

使用する麻酔を無痛分娩時に使うものを同じものに変更して、赤ちゃんへ影響が出ないようにする工夫をしている歯科クリニックもあるため、不安な方は受診前に電話で問い合わせてみると良いでしょう。

歯科では、レントゲンを撮影する機会もありますが、被爆しないようにエプロンをかけて防ぐことも可能。影響は最小限に抑える対応を取っってくれます。

妊娠しているとできない治療はあるのか

歯医者さんの治療で注意したいのが麻酔です。歯科クリニックによって使用している麻酔薬が異なるため、場合によっては治療を断られる場合も。

麻酔薬に使われているもので、キシロカイン、リドカインといったものがあります。

キシロカインは無痛分娩の際に使用される麻酔薬のため、胎児や母乳への影響は少ないと考えられていますが、リドカインは安全の確立がされていないため、使用を控えるようにされています。

そのため、事前にドクターへ相談するのが大切です!

また、妊娠中の身体は疲れやすく、体調も崩しやすくなります。長時間に渡って手術をおこなう親知らずの治療は、体調不良を招く可能性があるので、どうしても手術しなければならないケースを除いて、避けた方が良いでしょう。

【参考】 大阪はびきの医療センター産婦人科無痛分娩マニュアル

【参考】 うえだ歯科クリニック・矯正歯科クリニック 妊婦・授乳婦の方へ

【参考】 麻酔薬および麻酔関連薬使用ガイドライン第3版

赤ちゃんへ影響は出るのか?

赤ちゃんへ影響があるとされるのは、先に紹介した麻酔薬の一部と鎮痛剤の一部です。

そのほかには、歯周病や歯肉炎も胎児の健康を害するリスクがあるといわれています。

それは、歯周病を患っている妊婦の低体重児出産の危険率が高いという研究データもあるほど。

危険率の高さは、喫煙や高齢出産よりの倍以上もある7倍とされています。

歯肉炎は炎症が歯茎のみに見られるもの、さらに悪化し骨を溶かしてしまう状態まで進行すると歯周病に。

妊娠中であれば、予防、治療を早期におこなうことも検討しておきましょう。

【参考】 一般社団法人熊本県歯科学会 歯周病には「歯肉炎」と「歯周炎」の二つがあるようですが、違いはなんですか?

【参考】 NPO法人日本臨床歯周学会 歯周病と妊娠'

自宅でできるセルフケア

歯医者さんで定期的に検診を受けることも大切です。しかし、それだけでは歯肉炎になってしまったり、できものができてしまったりすることもあります。

自分でできるケアにも力を入れておきましょう。

バランスのよい食事を摂取する

可能であればバランスよく、栄養を考えた食事が望ましいですが、つわりがあると食事も大変な方もいるかもしれません。また、特定のものばかり食べていると、栄養が偏ってしまうことも考えられます。

その中でもビタミンBの摂取量が減ってしまうと、口腔内のトラブルにつながりやすくなるといわれています。

妊娠中に必要といわれる葉酸もビタミンBのひとつで、ほうれん草に多く含まれています。

妊婦さんの体調を配慮しながらも、口腔内のトラブルを回避するために栄養の豊富な食事をこころがけていきましょう。

【参考】 食事と先天異常'

歯磨きを徹底する

歯垢が溜まりやすく虫歯になってしまうこともある妊娠中。

気分や体調がすぐれず歯磨きが億劫になってしまい、ついついおろそかにしてしまうという人もいるかもしれません。

吐き気や気持ち悪さを減らす歯磨き方法として、顔を下向きにして歯ブラシをするというものがあります。唾液などがのどへ流れていかないようにすることで、気分が悪くなるのを予防。

また、妊娠前の元気なときは、歯磨きの時間を決めていたかもしれません。

妊娠中は、時間帯にこだわらず「できるときにやる」ようにしてみるといいでしょう。

ブラッシングのコツは、奥歯の方から前歯に向かって進めること。

吐き気がある人は、子供用の歯ブラシのように先端が小さなものもいいでしょう。毛質はやわらかめの方が力を入れずに磨けるのでおすすめです。

また、つわりがひどい場合は、薬用洗口液を使用するのもひとつの手。

歯磨きの質や回数が落ちてしまうことを考え、お菓子を食べ過ぎないようにする、ジュースをお茶や水に変えるといったことも大切です。

【参考】 一般社団法人宮崎県歯科医師会 妊婦さんと赤ちゃんのケア

【参考】 一般社団法人吹田市歯科医師会 妊婦さんの歯の話

妊婦さんは妊娠中期に歯医者さんの検診を受けておこう!

妊婦さんは、ホルモンバランスの変化で口腔内のトラブルや虫歯、歯肉炎を引き起こしやすい状態になるといわれています。

歯肉炎がひどくなり発症する歯周病は、早産のリスクが高まるというデータがあるため、予防はしっかりしておきたいところです。

可能であれば、妊娠中期(17~28週)に一度歯医者さんで口腔内の状態を検査しておきましょう

虫歯があるという人も、虫歯が痛んでも産後はなかなか病院へ行けないということも考えられます。

あらかじめ歯医者さんで治療しておくことも検討してみてください。

もちろん、あなたの体調を優先させるのが大切。つわりが長引いている場合や体調や気分がすぐれない場合は、無理をせずに過ごしてください。

気になることがあれば、電話で治療の必要があるか問い合わせみることから始めてみると良いでしょう。

健やかな母子生活を送るための参考になれば幸いです。