越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 知っておこう!歯にまつわる知識まとめ » 自然には治らない!歯周病の予防と治療法

自然には治らない!歯周病の予防と治療法

口内のトラブルといえば、虫歯を真っ先に思い起こします。しかし、それ以上に用心が必要なのが歯周病です。虫歯には自覚症状がありますが、気づかないうちに進行するのが歯周病です。歯茎から血が出たり、腫れが目立つようになった時には、かなり進行しています。

歯周病の予防は、歯医者でブラッシングや歯ブラシの種類についての指導を受け、メインテナンスを続けることが大切です。越谷の歯医者なら、どこでも歯周病予防の指導をしてくれます。

歯周病とは、どんな病気?

虫歯は、歯自体のトラブルですが、歯周病はその字が示すように、歯の周囲全体に影響する病気です。歯とそれを支える歯肉(歯茎)の間には歯周ポケットと呼ばれる、わずかな隙間があります。その隙間に細菌が定着し、周囲の歯肉に炎症を起こす病気が歯肉炎です。

初期には痛みもないのですが、病状が進行すると、歯周ポケットが徐々に深くなり、やがて歯を支える土台まで溶かしてしまいます。そうなると、もうその歯は、抜け落ちてしまうしかありません。歯周病とは、気づかないうちに歯を失うことにつながる、大変危険な病気なのです。また、歯周ポケットで繁殖した細菌は、他にも様々な悪影響を引き起こします。

口内の問題でいえば、徐々に歯茎が腫れ、出血や膿がでるようになります。歯周病がここまで進んだ状態を、以前には歯槽膿漏と呼んでいました。また、狭心症、心筋梗塞、糖尿病などの原因や悪化にも関係すると言われています。もちろん、歯が悪くなれば、しっかり噛んで食事することもままならなくなり、消化器への影響、栄養バランスへの影響も避けられないでしょう。

歯の周りで起こる炎症が原因で、健康を大きく損なう可能性もある病気、それが歯周病です。

歯周病の原因は?歯周病にはどんな種類がある?

歯周病は、歯周ポケットの掃除がうまく出来ていないことが原因です。

歯周ポケットに歯垢や細菌が付着すると、周囲の歯肉が炎症を起こし始めます。そうならないためには、歯周ポケットをクリーンな状態に保たねばなりません。つまりは、歯磨き、ブラッシングが適切に行われていればよいのですが、歯並び、噛み合わせが悪く、ブラッシングが難しい方もいらっしゃいます。また、歯肉炎の進行にはストレスや喫煙、不規則な食生活も影響していると言われています。

このように多くの歯周病は、不十分な口内のメインテナンスが主要因ですが、まれに口内の状態は悪くないにも関わらず、進行してゆく歯周病もあります。若年性歯周炎は、10代から20代に起こる歯周病で、口内は清潔な状態なのに、歯を支える骨が溶けていきます。これは遺伝的な原因で起こります。他にも、著しく進行の早い急速進行性歯周炎や、難治性歯周炎という種類もありますが、特殊な事例なので、ここでは触れずにおきます。

歯周病の治療法、予防法

歯周病は気づかずに進行していることがあります。まずは、歯医者へ検診に行きましょう。歯周病の治療は、歯垢、歯石の除去、歯の噛み合わせ調整などを行います。スケーリングという、歯と歯の根の表面を歯垢歯石を器械で取除く作業も行います。歯周病が進行して、噛み合わせが悪くなっていれば、歯を削り噛み合わせの調整を行います。ぐらぐらして噛みづらい場合は、隣の歯と歯科用接着勢でくっつけることもあります。

これらの基本治療が終われば、後は自宅での歯の磨き方の指導を受けます。どこが磨けていないか、磨き方のコツや効率的なブラッシングなどを教わります。その後は、適切なクリーニングが行えていたか、どこか悪くなっている場所はないかの定期検診を受けるようにしましょう。

近年では、越谷に限らず日本全国で予防歯科に力を入れる傾向があります。失った歯を元に戻すことはできません。歯周病を予防することは、虫歯を予防し、年をとっても自分の歯で食事を楽しむために大切なことです。

参考:日本臨床歯周病学会:歯周病とは