越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 知っておこう!歯にまつわる知識まとめ » 歯列矯正を行うメリットとは?

歯列矯正を行うメリットとは?

歯医者の治療は高いものという印象がありますが、中でも歯列矯正には、高額のイメージがあります。歯並びは悪いより、良い方が見た目の印象がよくなると言えます。でも、だからといって見た目のために、何十万円、もしかすると100万円を超えるかもしれないお金をかけるのは、とんでもないという方も少なくないでしょう。

しかし、歯列矯正のメリットは見た目だけではありません。歯列矯正のメリットについて、考えてみましょう。

変わりつつある、歯列矯正に対する意識

日本とアメリカなど欧米諸国では、歯列矯正に対するイメージがかなり異なります。 高額で原則医療保険も使えない歯列矯正は、日本では美容整形に似た印象を持つ方も少なくありません。一方で、アメリカでは歯列矯正は、親が子供にしてあげるべき義務の1つのような感覚です。教育を受けさせるのと同じ感覚で、歯列矯正を受けさせるそうです。

参考:一般財団法人海外邦人医療基金:歯列矯正:日米比較体験談(ノーラコーリ)

これには、欧米と日本の文化的背景が関連しているようです。明るく白い歯を見せるスマイルが好まれる欧米と違い、日本では微笑み程度がよいとされます。歯を見せて笑うのは品がないと言われることもあります。また欧米では、親愛の情を示すキスが習慣になっています。そのため、口の内外のエチケットには、日本人以上に気を使います。

このような文化的な事情は、違いではあっても、良い悪いがあるものではありません。ですが、現実には世界は狭くなり、日本人も外国の方と触れ合う機会が増えてきました。また、越谷を含め、日本全体の生活様式の欧米化も進みました。 このような環境の変化は、日本の歯列矯正の広がりにも少なくない影響を与えています。

健康との関わりも深い、歯列矯正

歯列矯正のメリットは、見た目だけではありません。健康維持、病気予防にも歯並びは大きな影響を与えています。

歯並びが悪いと、口の中で以下のような問題が起こります。

  • 噛み合わせが合わない
  • 口内で菌が繁殖しやすくなる
  • 咀嚼が不十分なまま飲み込むようになる
  • 顎にかかる力が不均衡になる

上記のような現象は、歯周病の原因、消化器への負担増、顔面の筋肉の不均衡な発達の原因になります。顎や顔の歪みは、姿勢の歪みへ繋がり、足腰が弱る原因にもなります。

また、歯周病は心筋梗塞、糖尿病などの原因にもなります。もちろん、自分の歯を失うリスクも高くなります。歯列矯正は安くありませんが、若いうちから差し歯やインプラントにするよりは、楽なはずです。

歯列矯正により、歯並びを直しておくことは、それだけで将来起こりうる、いくつもの病気の予防へ繋がります。

歯列矯正は、何歳頃に行うのがよい?

大人になってからでも歯列矯正は可能ですが、できるだけ子供のうち行う方が手間も費用も少なくすみます。

子供の歯列矯正は、永久歯と乳歯が混在する小学校低学年頃に行う第1期と、永久歯が揃った後、小学校高学年頃に行う第2期があります。第1期終了後の状態によっては、第2期を実施しないケースもありますが、おおよそ8割程度は第2期も行います。

歯列矯正の費用はどのくらいかかる?

子供の歯列矯正の場合、第1期が30〜50万、第2期が40〜60万円程度かかります。歯並びの状態や使用する矯正装置によって値段は変わってきます。

大人の歯列矯正は、80万円〜100万円前後が平均的な金額です。こちらも、歯並びの状態や使用する矯正装置で金額が変わります。

歯列矯正といえば、銀色の金属製のブラケットを思い起こす方が多いと思います。価格は安いのですが、かなり目立つので、大人の場合気にする方が多いかもしれません。

白や透明色の目立たないブラケットや、金属製でも歯の裏側に装着するタイプ(前からは気づかれないが、発音の邪魔になる)もあります。ブラケットは種類によって、1.2〜1.5倍の値段のものもあります。矯正治療の内容によっての向き不向きもあるので、矯正専門の歯医者と相談して決めるようにしましょう。