越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 知っておこう!歯にまつわる知識まとめ » 歯医者さんのレーザー治療について

歯医者さんのレーザー治療について

歯医者さんのレーザー治療はどのようなことができるのでしょうか?体に与える影響や治療の種類、費用や期間、レーザーの種類など、歯科用レーザーの基本を解説します。

歯科用レーザー治療とは

歯科用レーザーは、以下のような治療目的で使用されます。

  • 虫歯菌の除去
  • 殺菌
  • 歯周病細菌の減少
  • 口内炎の治療
  • 止血
  • 神経の保護
  • 組織の回復
  • 歯茎のホワイトニング
  • 虫歯の治療

歯医者さんで使う歯科用レーザーは、指定した細菌のみに働きかけるため、必要に応じてレーザーを使い分け治療ができるのが特徴。

虫歯そのものを治療しても、虫歯になってしまう菌(ミュータンス菌やレンサ球菌など)はなくなりませんが、歯科用レーザーを用いて虫歯菌に働きかけ、除去することで虫歯予防を可能にしています。

もちろん、虫歯の原因となる菌を除去したところで、生活習慣が悪ければ再び虫歯になってしまう可能性があるため、定期的な歯科検診は必要です。

ほかにも、歯周病菌の除去や膿などの原因となる細菌の殺菌や止血、歯を削って虫歯治療する、歯茎の色をピンク色へ戻す、知覚過敏の原因となる歯の隙間を埋めて神経を覆う、組織の回復速度を早めるといった効果が期待できると考えられます。

歯科用レーザーのメリット・デメリット

歯科用レーザーを治療に使うことのメリットとデメリットを見てみましょう。

レーザーのメリット

  • 痛みや熱さはあまり感じない
  • 妊娠中でも治療ができる
  • ペースメーカーを付けている方でも治療ができる
  • 副作用が少ない
  • 有毒性が少ない

歯科用レーザーは出力を調整しながら治療をおこなえるため、痛みを調整できるのがメリット。輪ゴムでぱちんとはじく程度の痛みを覚えることもありますが、痛みを感じた場合には「出力を下げる」「麻酔を使用する」などの対応で痛みを抑えられるようにしてくれます。そのため治療に強い痛みや熱さ、不安を感じないようにさまざまな工夫がされています。

また、レーザーであれば電気を歯茎に流さないため、妊娠中の方やペースメーカーを付けている方でも使用が可能。副作用や有毒性がほとんどないとされているのもポイントです。

従来ではメスを使用して切開しなければならなかった治療も、レーザーを用いることで出血量を抑えられます。切開するよりも回復速度を早められるので傷の治りもよくなると言われています。今までよりも効率よく歯科治療ができるのが最大のメリットでしょう。

レーザーのデメリット

  • 輪ゴムでぱちんとはじいたような痛みがある
  • 治療後の刺激物摂取はできない

歯医者さんのレーザー治療のデメリットは、少し痛みを感じることと治療後の刺激物(辛い物や酸っぱい物)の摂取が制限される点です。ただ、歯科治療で感じる痛みは従来のメスを使用した治療よりも抑えられるものもあり、治療後の飲食の制限は他の治療でもあります。

レーザーを使わない歯科治療と比べても、不快感や痛みが少ないとされているため、大きなデメリットとはならないようです。

歯科用レーザーで治療できる症状は?

虫歯治療・予防

進行してしまった虫歯の場合、歯を削る面積が広くなってしまうため難しいと言われています。しかし小さな虫歯であればレーザーで歯を削り、治療をおこなうことが可能です。

また、口内にある虫歯菌に熱エネルギーをあてることで除去も可能に。虫歯治療やブラッシング指導で終わるのではなく、虫歯菌を減らせば、虫歯の再発を防げます。

そのほかにも、回復速度を早める効果も期待できるため、虫歯になりかけの歯にレーザーをあてて、進行を抑えることも可能と言われています。

歯周病治療

歯周病は、歯と歯茎に隙間に入った細菌が炎症を起こし歯肉炎になり、歯肉炎が進行することで歯茎はやせ細り、歯槽膿漏(しそうのうろう)になり歯と歯茎の隙間が広がっていく病気です。歯科用レーザーでできるのは、歯茎の炎症を食い止めるために細菌を減らす、炎症により出血をしている場合の止血の2つです。

レーザーのみでは歯周病は治すことはできないため、ブラッシングの指導や生活指導からおこなってくれます。再発防止のために歯のクリーニングもおこない清潔な状態を目指します。

抜歯

歯科用レーザーでは痛みや出血量が少ないため、歯茎を切開する治療にも利用されています。レーザーが歯茎などの細胞を活性化させるため、傷口の回復速度も早まり、抜歯後の回復が良好なのもメリット。歯科医院によっては、メスとして歯科用レーザーを使うのではなく、止血用としてメスで切開した後での照射も可能です。

知覚過敏の治療

虫歯ではない歯でも、冷たいものを食べたり飲んだりすると痛みを覚えることがあります。知覚過敏と呼ばれる症状で、ひどくなると歯磨きをするだけでも痛みを感じてしまうほど。

知覚過敏は歯の神経に飲食物や空気などが当たり、反応してしまうために起こります。歯の表面に虫歯ではない理由で穴が開いてしまうことで、神経に直接刺激が伝わってしまう状態です。歯医者さんのレーザーで治療をすると、歯の表面を覆うことができるとされているため、神経に直接刺激が伝わらなくなります。

歯茎のホワイトニング

歯茎の色が黒ずんでしまった場合の治療にも、歯科用レーザーは用いられます。生活習慣によりメラニン色素が蓄積して色が変わってしまったケースだけでなく、銀歯を被せる治療をしたあとに歯茎に銀が沈着してしまう「メタルタトゥー」にも効果が期待できると言われています。

色素沈着が起こった部分に照射することで、歯茎の表面が水蒸気になってなくなります。数日で新しい歯茎の表面(上皮)が生まれるため、色がキレイなピンク色に戻っていくというもの。一度で理想のピンク色にならないこともあるため、1~2週間おきに照射をし、ホワイトニングをおこないます。

歯科用レーザーの治療目安

歯医者さんでレーザー治療を受ける場合、どのくらいの費用と期間がかかるのでしょうか?

治療費はいくらかかる?

歯科用レーザーを使った治療の費用ですが、自費診療が基本のためクリニックによってまちまちです。Er:YAGレーザーによる虫歯治療、歯周病、歯石除去については保険適用されていますが、対象としては限定的と言えるでしょう。

本サイトで調べて見る限り、1つの治療に対し5~6,000円前後としているクリニックが多いようです。加えて薬代・診察料が別途必要な場合もありますので、治療を考えている方は事前に確認しておくとよいでしょう。

【参考】こころ歯科クリニック「レーザー治療」
http://www.kokoro-dental.com/medical/lazer/

治療期間はどれくらい

治療期間は症状によって異なるため、クリニックや担当する医師に確認しておく必要があります。軽度の虫歯治療なら当日で完了するケースもありますが、診察と治療を別日にする歯科医院もあるためです。

また、歯茎のホワイトニングのように、理想の色になるまで数週間おきに通院するケースもあります。使用している機械やドクターの判断により、期間に差があるため、「結婚式までに終わらせたい」、「成人式までに終わらせたい」といった期限がある場合は、先に申し出ておくとよいでしょう。

歯科用レーザーの種類

歯医者さんで使用するレーザーの種類と用途を解説します。

医療用レーザーの種類 用途
炭酸ガスレーザー 切開
止血
Nd:YAGレーザー 切開
半導体レーザー 切開
Er:YAGレーザー 歯を削る
口内炎治療
切開
歯周病治療
虫歯予防
歯茎のホワイトニング

レーザーメスとして使用されるもののほか、Er:YAGレーザーのようにさまざまな用途で使用できるレーザーもあります。Er:YAGレーザーは、水分に反応しやすいレーザーで、歯科用の機械のなかで歯を削れるもの。照射時に水を使用することもあり、痛みが少ないという特徴もあります。

歯科医院によって取り扱っている歯科用レーザーは異なります。たいていの場合は、公式サイトにどのレーザーを使用しているか、費用の目安を記載しているため、参考に病院選びをしてみましょう。

【参考】秋本歯科医院「レーザー歯科治療」
http://www.akimotoshika.com/akimotoshika-laser.html

歯医者さんのレーザーは痛みや副作用の少ない治療!

歯医者さんで使用している歯科用レーザーは、主にレーザーメスで切開、虫歯治療や予防、できものや治療の止血、歯茎のホワイトニングなどに使われます。

歯科医院によって使用しているレーザーや治療費が異なるため、事前にクリニックの評判などを調べてから選ぶのも大切です。

本サイトでも、越谷市にある歯医者さんのコンセプトや得意とする治療、口コミなどを紹介しています。レーザー治療を受ける病院を探す際は、各院の情報を比較してみてください。