越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 知っておこう!歯にまつわる知識まとめ » 歯磨きの役割とは?

歯磨きの役割とは?

このページでは、そもそも歯磨きがどんな役割をするのか解説しています。

歯磨きが持つ歯を守る役割

歯磨きをする一番のメリットは、虫歯の発生や進行を予防することです。他にも、歯に色が付く事を予防して白くしたり、口の中を浄化して口臭を予防、歯周病や歯垢(プラーク)が着くのを予防するなどの働きがあります。

特に歯垢の除去は歯磨きをしないと難しいだけでなく、歯磨き剤の使用の有無の違いでも歯垢の付着量が変わってきます。歯垢を残さないためには、歯磨き剤を使用して歯磨きをするのが一番なのです。

そんな歯磨き剤は、今では種類も豊富に揃っています。昔は粉状だったのが今ではチューブにはいったペースト状のものが一般的。

他にもジェル状、液状、液体、フォーム状、さらには小さい子供も無理なく使えるように、フルーツ味の歯磨きなど種類もさまざまです。ライフスタイルに合わせた使いやすい歯磨き剤を選び、歯をきれいに保っていきたいものです。

歯磨き剤に含まれている基本成分と薬効成分

歯磨き剤は、日本薬事法により化粧品と医薬部外品とに分かれています。2つの違いは、前者が基本成分だけでできているのに対して、後者には薬用成分が加わっているといった事。

日本で売られているものの内9割は医薬部外品にあたり、そのほとんどに「フッ化物」が配合されています。

基本成分としては、リン酸水素カルシウムや水酸化アルミニウムなどからなる清掃剤(研磨剤)を中心に、その働きを助けるものが配合されています。

清掃剤に湿り気を出す湿潤剤(グリセリンやソルビトールなど)や、清掃剤を拡散させて洗いやすく汚れを落としやすくする発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)、粉体と液体成分を結合させる粘結剤 (カルボキシメチルセルロースナトリウムやアルギン酸ナトリウムなど)があります。

使いやすくする為の爽快感と香りをつける香味剤 (サッカリンナトリウムやメントール、ミント類)、変質を防ぐ保存料 (安息香酸ナトリウム)なども配合。

薬効成分にはたくさんの種類があります。モノフルオロリン酸ナトリウムやフッ化ナトリウムなどの虫歯予防成分、塩化セチルピリジニウムや塩化ベンザルコニウムなどの歯肉病予防成分、プラークを分解するデキストラナーゼ、歯石沈着防止のポリリン酸ナトリウム、知覚過敏抑制の乳酸アルミニウムや硝酸カリウム、タバコのヤニ除去するポリエチレングリコールなどがあります。

ですが、一つの歯磨き剤に含まれているのは数個だけ。全ての種類が含まれていることはありません。