越谷でかかりつけの歯医者さんを見つけよう

HOME » 知っておこう!歯にまつわる知識まとめ » 歯医者の麻酔の特徴や注意点

歯医者の麻酔の特徴や注意点

歯医者さんで歯茎を切開したり歯を削ったりする治療をするときにするの「麻酔」。いざ治療の前になると、打つときの痛みや薬に対しての不安を抱く人もいるのではないでしょうか。また、麻酔が効いて何も感じない状態から、作用が切れてくるにしたがって痺れるような感覚に変わったり、思うように口元を動かせないというのは、気持ちの良いものではありませんよね。

ただ、それでも麻酔をすることで治療本来の痛みを回避でき、受けられない治療もうけられるようになります。

この記事では、歯医者さんの麻酔方法、薬の種類、麻酔の効果や効いている間の注意点や食事について紹介。麻酔について知り、少しでも怖い気持ちを軽減させるため、歯医者さんへ行く前に麻酔について知ってもらえると幸いです。

歯医者さんで使用される麻酔は外科手術の麻酔と違う?

外科手術で使われる麻酔といえば、全身麻酔や眠っている間に手術が終わっている静脈麻酔などが挙げられます。

歯科用の麻酔は少し違い、歯科用の麻酔は「局所麻酔」と呼ばれるものが使われることが一般的です。外科手術でも使われますが、全身にかかるものではないのでイメージと違うという方もいるかもしれません。局所麻酔の中にもいくつか種類があり、歯医者さんでは患者さんの希望や状況に合わせて使い分けているケースもあります。

歯医者さんの麻酔の種類

歯医者さんで使用される局所麻酔には表皮麻酔、浸潤麻酔、伝達麻酔があり、それぞれ使われる場面や作用している時間も異なります。ここでは保養日麻酔、浸潤麻酔、伝達麻酔の特徴を紹介します。

表皮麻酔

表面麻酔法とも呼ばれる表皮麻酔は、ジェルやクリーム状になっているタイプが多く、テープやガーゼで麻酔薬を歯茎の表面につけるタイプです。薬の塗布した部分のみ短い時間感覚を鈍くさせるのが特徴で、歯の治療をするために使用されるのではなく、治療の前準備としての麻酔で、針で直接注射するタイプの麻酔の前におこなわれています。

脂肪や筋肉の少ない部位なので、歯茎は痛みを直に感じやすいパーツなので、少しでも患者さんの不安や恐怖、不快感を減らすために表皮麻酔を使う医師も多くいます。

浸潤麻酔

歯医者さんでよく使われている麻酔法で、フィールドブロックとも呼ばれています。感覚を鈍らせたい部位に注射することで局所的に作用させるものです。

歯茎に直接針を刺して注射するタイプで、イメージしやすいのはこのタイプでしょう。痛みや恐怖を感じる人もいるため、針を極細のものにしたり、麻酔薬を体温と同じ温度まで温めたりして使われるなど、さまざまな工夫と配慮される麻酔です。歯科クリニックによっては電動で麻酔注射ができる機器を使用しているところも。あっという間に麻酔薬を打つため、恐怖や不安を感じる前に麻酔を注入も可能になっています。

伝達麻酔

浸潤麻酔よりも広い範囲に作用させたい場合や浸潤麻酔で効果が少なかった場合に使われる麻酔法です。

神経周辺に打つため、注射をされた神経の伝達範囲の感覚が鈍る仕組みになっています。歯茎の一部というよりも下顎や上顎などの範囲で作用するので、親知らずの治療にも使われます。

どの麻酔法よりも作用の持続時間が長いのが特徴です。

麻酔に使われる薬

歯医者さんで使用している局所麻酔の薬は主に以下の種類があります。

  • リドカイン
  • プロピトカイン
  • メピバカイン
  • ブピバカイン
  • レボブピバカイン
  • ロピバカイン
  • プロカイン
  • テトラカイン
  • ジブカイン
  • プリロカイン

上記の中でも特に使用されているものを紹介します。

リドカインは無痛分娩にも使用される麻酔薬で、局所麻酔のなかでも持続時間が長いことで知られています。作用するまでも早いため多くの歯科医院で使用されているのも特徴です。

プロピトカインは麻酔の作用時間は短いですが、循環器系に疾患がある方でも使用できる麻酔なので重宝されています。

メピバカインは血管収縮剤を含まないため、高齢者の治療に向いているとされる麻酔薬です。作用時間はリドカインと同程度とされています。

歯医者さんの麻酔に関する注意点

歯医者さんの麻酔をする際、作用が続いている間に注意すべきポイントは3つあります。

  1. ケガに注意する
  2. 気分の悪化に注意する
  3. 使用しない方がいいとされている人は注意する

感覚が鈍るためケガに注意

表皮麻酔は数分作用したのちに元に戻るとされていますが、浸潤麻酔や伝達麻酔は数時間作用するため、歯科治療が終わったあとも感覚が鈍ったままです。歯医者さんで治療をしたことがある人なら、麻酔が効いた状態で会計をして帰宅した経験のある人もいるかもしれません。

麻酔が作用しているということは、口元が思うように動かせないということ。会話をしている最中に誤って舌を噛んでしまう、口を閉じようとして唇を切ってしまうなどをケガにつながることも少なくありません。

また、熱いものや冷たいものに対する感覚もほとんどない状態なので、ヤケドや冷やしすぎにも注意が必要です。できるだけ麻酔が切れるまでの間は静かに過ごせるよう、あらかじめスケジュールを調整しておくのがおすすめです。

麻酔でアレルギーが起こる?気分が悪くなる場合も

麻酔を打った際に気分が悪くなったり動機が激しくなったりする人がいるケースもあるため、麻酔で体調に異常を感じた場合はすぐに医師に申し出るようにしましょう。

気分が悪くなる理由にはいくつか理由があるとされています。

  • 麻酔に対するアレルギー反応
  • 血管神経迷走反射
  • 脳貧血

麻酔を打って気分が悪くなる患者さんのなかには、麻酔薬に対してアナフィラキシーショックが起こり、体調不良に陥ったというケースも。一度アレルギー反応が見られた場合は、次の麻酔でさらにひどい症状を引き起こす可能性も出てくるため、注意が必要です。

それ以外に気分が悪くなる理由として挙げられるのが、「麻酔に対する恐怖」や「不安」によって引き起こされる場合です。人は緊張した状態が続くと自律神経のうちの交感神経が優位になります。交感神経は身体を興奮状態にするため、心拍が早くなったり血圧が上がったりします。そのため、動機がする、ドキドキすると感じる人もいるようです。

また、交感神経が優位になる状態が継続すると、反対に副交感神経を働かせようと身体が動きます。すると心拍がゆっくりになり血圧も急激に下がってしまうため、一過性の脳貧血に繋がってしまいます。

歯医者さんで麻酔をするときに、歯科衛生士が声掛けをおこない不安を感じさせなうようにしてくれるのは、交感神経優位になって興奮状態になる血管神経迷走反射や副交感神経が一気に優位になって起こる一過性の脳貧血を予防することにも繋がっているのです。

治療や手術をする前は、必要以上に怖がらないことも大切です。

使用しない方がいいとされている人は注意

麻酔薬にはアドレナリンと一緒に注射するものも多いため、血圧が高めの方、心疾患のある方には不向きといわれています。

治療の前に問診票などで確認している院がほとんどですが、麻酔を使用する際は改めて医師に伝えておくとよいでしょう。

歯医者さんの麻酔についてよくある質問

歯医者さんの治療で使われる麻酔について、疑問に思う点をまとめました。歯科治療をする予定のある人はぜひチェックしてみてください。

麻酔は何時間で効かなくなるのか

麻酔法によって持続時間が変わります。

  • 表皮麻酔:10分前後
  • 浸潤麻酔:1~3時間前後
  • 伝達麻酔:5~6時間前後

表皮麻酔は麻酔注射をするために使う麻酔なので、持続時間はかなり短いです。

浸潤麻酔は1~3時間程度で効果が切れると感じる人が多いようです。子どもへ麻酔をした場合でも1~2時間程度で効果が切れるようになっています。

伝達麻酔は持続時間が長く5~6時間程度持続するとされています。子どもへの伝達麻酔法では作用する時間がより長くなり、12時間前後効いていることもあるようです。

使用している麻酔薬の種類や濃度によって作用する時間に差があるので、「いつまで痺れたような感覚が続くのだろう」と心配な方は、歯科医師に質問し、麻酔が切れる目安時間を確認しておくと良いでしょう。

麻酔が効いている間は食事できるの?

歯科治療で麻酔を使用した場合、ほとんどのケースで治療後の飲食を制限されていますが、飲食をNGとするのには理由があります。

まず、治療した部位に雑菌が入って炎症を起こしてしまうのを防ぐためです。特にお子さんは気になって触ってしまいがちです。見守ってあげるようにしましょう。

次に歯茎や唇の感覚が鈍っているため、熱いものが口についても気が付かない、硬いものを噛もうとして力を入れ過ぎてしまうなどでケガをしてしまうためです。大人は指定された時間の飲食を我慢できるかもしれませんが、お子さんには難しい場合もあるでしょう。そういった場合は、親御さんはお子さんから目を離さないようにする、熱すぎるものや冷たすぎるものを避ける、あまり噛まなくても食べられるものを与えるようにするなどを工夫をしたうえで飲食させるのもひとつの方法です。

飲食の制限についてもクリニックによって差があります。食べ物は1~3時間前後経過してから、飲み物は30分程度経ってからOKとする院もあるので気になる方は確認しておきましょう

歯科用麻酔は費用がかかるの?

歯科用麻酔の料金は、治療費に含むクリニックとそうでないクリニックがあるため、確認が必要です。

麻酔を使う治療の中でも、インプラントや歯茎切開を伴う歯列矯正などは自由診療にあたります。内訳も保険適用内のものとは変わってくるため注意しましょう。

歯科で使用されている麻酔のまとめ

歯医者さんの麻酔は局部麻酔に分類され、「表皮麻酔」「浸潤麻酔」「伝達麻酔」の3つがあります。

治療方法や患者さんの不安感に合わせて医師が使い分けているため、怖い、痛いと感じる場合はすぐに伝え、違ったアプローチに変えてくれるよう相談しましょう。

また、麻酔が切れるまでは食べたり飲んだりするのは避けるのが基本。感覚が戻るまでは、おとなしくしていられるよう予約や治療の時間帯を調整するのがおすすめです。

お子さんが麻酔を使う治療を受ける場合は、効果が続いている間は目を離さないようにしておくのがよいでしょう。また、お子さんが飲食を希望する場合も、基本は与えない。難しい場合は人肌程度の食べ物や飲み物で、柔らかくあまり噛まないで良いものを選ぶようにするといいですよ。

麻酔が怖い、不安だと感じる人は、歯医者さん選びの段階で「痛みの少ない治療をしている歯医者さん」や「患者さんの痛みに配慮した治療をしている歯医者さん」を探してみるのがおすすめです。

多くの歯医者さんの公式サイトに記載されていますし、こちらのサイトでも、極細針の使用や表皮麻酔の使用など痛みに配慮した治療を心掛けている院を多数紹介しています。ぜひ、歯科医院選びの参考にしてみてください。